2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

東京八重山古典民謡保存会のご紹介

東京八重山古典民謡保存会の公式ブログです。

当会の各研究所のご紹介や、当団体に関連するイベントなどをご紹介していきます。

各研究所のご紹介

東京八重山古典民謡保存会のあゆみ

2018年12月16日 (日)

公演稽古の模様が八重山毎日新聞に掲載されました

来年1月26日に東京八重山古典民謡保存会主催で開催予定の「第2回 伝承者育成公演」ですが、八重山毎日新聞に公演の稽古の模様が掲載されました。
出演者一同、みなさまに喜んでいただけるように鋭意稽古を続けております。
みなさまのご来場を心よりお待ちしております。
Img_20181216_0001

2018年10月 8日 (月)

第二回 伝承者育成公演開催のお知らせ

来たる2019年1月26日に東京八重山古典民謡保存会主催の「第二回伝承者育成公演」を開催する運びとなりました。
約6年ぶりとなる本公演では、当会所属の師範・教師を中心に、これからの八重山古典民謡を継承していく当会会員が出演いたします。
前売りチケットの発売も開始いたしましたので、皆様お誘い合わせの上、ぜひご来場ください。
東京八重山古典民謡保存会主催 「第2回伝承者育成公演」

日時:2019年1月26日(土)

開場:13:00/開演:13:30

場所:北とぴあ つつじホール(JR京浜東北線、地下鉄南北線、都電荒川線 王子駅から徒歩5分)

チケットのお問い合わせは 090−3141−7125(東玉盛)
もしくは yaeyama.kanto@gmail.com までご連絡ください

皆様のご来場をお待ちしております。

Img_20181008_0001

【第1回伝承者育成公演の模様はこちら

2018年7月27日 (金)

竹富町制施行70周年記念公演「沖縄県竹富町 島々の民俗芸能」開催のお知らせ

当会は会長自身が竹富島出身であることなど、竹富町とは縁も深い関係にありますが、来たる9月24日(月・祝)に竹富町制施行70周年を記念し、竹富町・竹富町教育委員会が主催する公演「沖縄県竹富町 島々の民俗芸能」が東京の国立劇場大劇場で開催されることとなりました。

演目は竹富島の古謡「世乞い唄」、西表島の「デンサ節」、黒島の「黒島口説」などの舞踊、鳩間島の狂言、「ピラ狂言」や波照間島の棒術「シーシン棒」など、バラエティ豊かな演目が予定されており、東京では滅多に見ることができない公演となります。
この機会にぜひ皆様、足をお運びいただきご観覧ください。
当会でもチケットの販売を行っております。
チケットのご入り用の方は
もしくは 090-3141-7125(東玉盛)
までご連絡ください
Img_1285
Img_20180727_0001

2018年5月18日 (金)

平成30年度 東京八重山古典民謡保存会の定期総会が開催されました

去る平成30年5月13日(日) 江東区・古石場文化センターにおいて、平成30年度の東京八重山古典民謡保存会の定期総会が開催されました。


昨年度の活動報告、会計報告に続き、今年度の活動予定などの承認案件、議決案件が滞りなく承認されました。
当会会長は東玉盛靖修を再任し、他の執行部役員もつつがなく決定いたしました。
また、本年度は5名の新規会員の加入もあり、当会は師範、教師を含め総勢93名となりました。

定期総会終了後には新たに教師試験に合格した小野克朗さんと熊谷和也さんの免許状授与式が執り行われ、その後新教師となった二人の指導による会員全員による斉唱や、3人の師範による演奏が行われました。

当日の模様は5月16日付けの八重山毎日新聞にも紹介されています。

Img_1279

Img_1294

Img_1334

Img_9836

Img_1343

Img_1403

Img_1420

Img

2018年3月25日 (日)

東京古典民謡保存会から教師試験で2名合格しました

さる3月18日、石垣市老人福祉センターにおいて、八重山古典民謡保存会の教師免許審査会が開催されました。
当東京古典民謡保存会からは2名の会員が挑戦し、無事両名とも教師資格を取得できました。
この模様は八重山毎日新聞でも紹介されています。

Img

2018年3月10日 (土)

三線の日イベントを開催しました

さる3月4日は「ゆかる日、まさる日、三線の日」でしたが、東京八重山古典民謡保存会でも昨年に引き続いて、「三線の日イベント」を開催いたしました。

東京ではなかなか平日に会員が集合できる機会は少なく、次に3月4日が土日にあたるのは2023年のため、今年は昨年よりもさらに楽しめる会を目指しましたが、冒頭では「しまむにラジオ体操」に続き、時報にあわせてかぎやで風の演奏や、各研究所が趣向を凝らした出し物などで多くの会員が楽しんだイベントとなりました。

また、こちらも前回から引き続いて、Ustreamを通じて仙台支部にもこの模様を配信し、三線の日イベントを遠隔地とも共有することができました。

また、この模様は八重山毎日新聞でもご紹介いただきました。

Img_1129_2

Img_1133

  Img_1162

Img_1211

Img_0001

2017年12月19日 (火)

2017年 第10回 おさらい会を開催しました

去る2017年12月3日に当会主催のおさらい会が開催されました。
今回は前回に引き続き一般公開をしない会でしたが、新会員もベテランも日頃の稽古の成果を披露させていただきました。
また、この模様は12月9日付けの八重山毎日新聞でもご紹介いただきました。

430a5650

430a5520

430a5631

430a5653

Img

2017年10月25日 (水)

八重山古典民謡仙台公演 「やいま旅果報ぬ願い」を開催いたしました

去る平成29年10月14日(土) 八重山古典民謡 仙台公演 「やいま旅果報ぬ願い」を開催いたしました。
仙台では3年ぶり2回目の公演となりますが、当日は多くのお客様にご来場いただきました。
また当公演の開催にあたっては多くの関係者のみなさまのご協力をいただきました。
この場をお借りしまして御礼申し上げます。ありがとうございました。



Imgp7128


Imgp7203

Imgp7208

Imgp7218

Imgp7264

Imgp7267

Imgp7294

Img_6267


2017年7月21日 (金)

八重山古典民謡 仙台公演 「やいま旅果報ぬ願い」開催のお知らせ

来たる10月14日、昨年開催した同名公演を仙台にて再演いたします。
当東京八重山古典民謡保存会の師範・教師が中心となって、八重山の島々の民謡をお届けします。
当保存会では3年ぶりの仙台での公演となります。多くのみなさまのご来場をお待ちしております。

八重山古典民謡 仙台公演 「やいま旅果報ぬ願い」

■ 日時:2017年10月14日(土) 13時開場 13時30分開演
■ 場所:仙台市福祉プラザふれあいホール
■ チケット:前売り2000円、当日2500円(全席自由)
■ 主催:やいま旅果報ぬ願い仙台公演実行委員会、八重山民謡研究会
■ 後援:仙台市、河北新報社

■ 演目:どぅなんとぅばらーま、でぃらぶでぃ、しょんかねー節、ちょうが節、揚古見ぬ浦節、古見ぬ浦節、鳩間節、くいぬぱな節、胡蝶の唄、とぅばらーま、命果報ぬ願い 他

■ お問い合わせ:
  メール:yaima_kanto_sendai@yahoo.co.jp
  電話:090-2994-7019(野原)

Photo

Photo_2

2017年5月30日 (火)

平成29年度 東京八重山古典民謡保存会 定期総会が開催されました

去る平成29年5月14日(日) 東大島文化センターにおいて、平成29年度の東京八重山古典民謡保存会の定期総会が開催されました。

Dsc_9586


昨年度の活動報告、会計報告に続き、今年度の活動予定などの承認案件、議決案件が滞りなく承認されました。
本年度は6名の新規会員の加入もあり、当会は師範、教師を含め総勢98名となりました。

Dsc_9632
また、定期総会終了後には、去る3月に教師試験に合格された那良伊正昭の師範免状授与式も執り行われました。

なお、当日の模様は八重山毎日新聞にも紹介されています。
Img_5032

«「三線の日」イベントが八重山毎日新聞に掲載されました